HOME>オススメ情報>不妊でも妊活というできることから始められる

リーズナブルで負担が少ない

男女

横浜の一般的な不妊治療の費用は、その治療内容により一定額ではないため、目安程度に留めましょう。もっともベーシックなのは【タイミング療法】で、医師が排卵日を推測し、そのタイミングを見計らって性行為をする内容です。もちろん保険適用されるため、1回あたり数千円というレディースクリニックが多い傾向です。次のステージでは【人工受精】の提案があり、これは保険適用外になります。子宮に精子を人工的に注入するのですが、パワフルな精子だけを送ること、身体への負担が少ないことからも女性から評価されている療法で、1回あたり1万円~が相場になります。横浜の不妊治療専門クリニックになれば、保険適用外で1回あたり50万円にもなる治療を施すこともあります。それが【体外受精】で、これには国の助成(補助)を受けることができるために、富裕層から評価されています。

今始めるベストタイミング

男女

横浜でも不妊治療を提案していますが、妊娠することを目的とするだけでなく、何歳頃に何を始めるのか、妊活のためのチェックシートを利用できます。不妊治療の間にも仕事をしたり、趣味や旅行などは行いたいものです。女性を輝かせたり、ストレスを遠ざけたりするライフスタイルやイベントを頭に入れておくためにもチェックシートが利用されています。内容には、妊娠・出産に適した時期も記載されており、タイミングよく不妊治療が始められます。妊活の目的で、ヨガやピラティスを趣味に入れたり、がん検診を受けたりする内容です。年齢別に、今知っておくこと考えておくこと、それがチェックシートに含まれています。

健康的な身体づくり

女性

女性は30歳を過ぎると妊娠しにくくなってしまう、そうした報告もあり、横浜の不妊治療専門クリニックでは若い女性の相談が相次いでいます。不妊治療を受けるだけでなく、チェックシートを用いり、健康な身体づくりをしているようです。例えば、喫煙は男性も含め、女性の生殖能力を低下させるデータも報告されていて、妊活のために禁煙に努めることができます。急に太ったり、肥満であれば妊娠しにくくなることがある、こうした内容にも女性ホルモンを増やす食生活の見直しが注目されています。

広告募集中